「ビクッ」と思わず反応しちゃう文章術

反応がでる文章というものがあります。
たとえば、あなたが職場の気になってる人に
食事を誘いたいとします。

「ご飯食べに行きませんか?」

と誘いたいですよね。
この質問は、

「YES or NO」

で答えられる質問ですね。
この質問では、断られる可能性が高いかもしれません。
本当に食事に行きたいけれど、
あなたはどう言えば良いかなと迷っちゃいますよね。

では、その確率を上げるための文章を書けば良いのです。
シンプルに書くと

「美味しいラーメン屋とパスタ屋どっちか一緒に行きませんか?」

と聞いてみましょう。
これだと、YES or NOの二択ではなく、
ラーメンかパスタを選択できるような質問になりますね。
先ほどのストレートな質問よりは、成功率が高まります。

この話は、恋愛心理学などで有名なので分かる方もいるでしょう。
ただ、少し文章を変えるだけで、
反応が変わることを知ることが大切です。

さて、現代社会で文章に触れない日はありません。

・LINEのメッセージ
・店舗からのメルマガやお知らせ
・会社の取引先からのメール
・SNSやブログの投稿
・ビジネスの活用
・広告

など、本当に文字・文章は日常に溢れすぎています。

さて、ここで質問です。

「あなたは文章を書くことが得意でしょうか?」

多くの方が、文章を書くことに苦手意識を持っています。
これをお読みのあなたも、文章を書くことがあると思います。

・ビジネスをしている人
・趣味がある人
・本を書いてる人

今は、SNSやブログで自分から情報を発信していく時代。
多くの人からあなたを見つけていただくには、文章力が必須です。

「でも、何をかけばいいか分かりません」
「SNSで文章を書きたいけどネタがないんだよね」
「ブログ記事を作成しても時間かかるし、反応がないと悲しい…」

と、多くの人が悩んでいます。
SNSの投稿、ブログ記事、メールマガジン、LINEなど全て文章が必要ですよね。
反応が出るタイトル、イメージしやすい読みやすい文章、文章の型が存在するのは確かです。

たとえば、相手の頭の中に想像できるような文章があります。

「真っ赤なリンゴ」

これは、赤いリンゴを想像できます。

「鈴木さんが青森で3年間かけて作った、一口食べると
口の中にあま~い蜜がたっぷりと広がる、ジューシーな真っ赤なリンゴ」

少し大げさに書いたのですが、
頭の中の想像では、なんとなく鈴木さんの顔が見えたり、口の中に甘さが広がる、
唾液が分泌する、ということが起こるかもしれません。

このように、相手の頭の中に想像を起こさせることは、とても大切です。
なぜなら、鮮明にイメージできたものは手に入れたくなるからです。
多くのリンゴの中から選んでいただくためには、普通の言い方では選んでもらえません。これは、リンゴだけではなく、SNS、ブログ、販売、すべてのことで同じことが言えます。

ぜひ、あなたも文章力を鍛えて、多くの群衆の中から抜き出て下さい。

「どうか、ご安心ください」

文章力を鍛えることは誰にでも出来ます。
そんなあなたのために、
SNS、ブログ、メルマガで反応がでる文章術をご用意しました。
いますぐ、チェックしてみて下さい。

あることを意識するだけで SNS、ブログ、メールマガジンの文章が最後まで読まれる具体的な方法 12 選